リハビリテーション科

診療のご案内

  • 整形外科
  • 形成外科
  • リハビリテーション科
  • リウマチ科
  • 皮膚科

3分でかかりつけ医を探せて相談もできる

携帯からもご覧になれます

リハビリテーション科

リハビリテーションを受けられる方へ

リハビリテ-ションとは、障害を持った人を社会復帰させるための療法や訓練を意味します。

当院では、病気・障害・加齢によって起こった機能障害を可能な限り回復させるため、患者様お一人お一人に合ったきめ細かなサポートを行います。

再び、患者様らしい生活が送れるよう、理学療法(物理療法)による早期の回復を目指します。

リハビリテーション科について

リハビリ科の特色
  1. リハビリを通じて地域の患者さまに寄り添い、高齢の方から若い方まで、皆さまの健康に少しでもお役に立てるよう努めてまいります。
  2. リハビリはつらいものと思う方もいらっしゃいますが、そのようなことはありません。当院では患者さまの症状に合わせきめ細かな状態のチェックをして、できる限り快適にリハビリを受けていただけるように心がけております。
  3. おもに以下のような症状・ケガの方のリハビリに対応します。
    • 腰痛、背部痛、頸部痛および、四肢(股・膝・足、肩・肘・手・手指)の関節疾患やケガ
    • 骨折・靱帯損傷、肩腱板損傷などのケガの手術後
    • スポーツのケガを克服してスポーツ復帰を目指す場合
    • 成長期の骨関節障害
リハビリ科の施設
  • 運動器疾患等リハビリテーション(II) の施設基準を有します。
  • 受付カウンターの隣に入口にあります。リハビリ機器と治療用ベッドが配置されています。 窓に面した明るい部屋です。ガラス越しに、日々患者さまがリハビリに励んでいらっしゃる様子がわかります。

リハビリの内容

治療機器を用いたリハビリ
  • 牽引療法(腰椎・頚椎) : 変形性背椎症、椎間板ヘルニア、頚椎捻挫後などによる腰や頚の痛みやこりを緩和します。
  • 電気治療:干渉電流肩低周波治療器によって、頚や肩の痛み、腰痛、関節痛を緩和します。
  • その他:温熱療法(マイクロサーミー、岩盤浴)、超音波治療器、ウォーキングマシン、固定自転車など、適応に応じて実施します。
理学療法士による治療
  • 経験豊富な理学療法士が、患者さまのニーズに応じて機能障害や運動障害に対する評価を実施し、理学療法プログラムを作成します。
  • 理学療法士による徒手的な施術により痛みや運動障害を緩和します。
  • 患者さまに実施していただく体操療法の指導、日常生活動作の指導などを行います。
  • スポーツ復帰を目指す患者さまには、復帰に必要な筋力アップや再発予防のための運動療法の指導を実施します。また、フットネスクラブやスポーツジムでトレーニングされている患者さまには、安全な運動方法の指導を行います。

リハビリ受診の流れ

  • すべてのリハビリは当院の医師の処方のもと開始されます。

  • 治療機器を用いたリハビリは処方当日から実施できます。

  • 理学療法士による治療は予約制ですが、当日実施可能な場合もあります。

ご予約の場合は、患者さまとご相談のうえ日時や頻度を決めさせていただきます。

理学療法について

理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

理学療法が目指すもの

理学療法の直接的な目的は運動機能の回復にありますが、日常生活活動(ADL)の改善を図り、最終的にはQOL(生活の質)の向上をめざします。

病気、けが、高齢など何らかの原因で寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、歩くなどの動作が不自由になると、一人でトイレに行けなくなる、着替えができなくなる、食事が摂れなくなる、外出ができなくなるなどの不便が生じます。誰しもこれらの動作をひとの手を借りず、行いたいと思うことは自然なことであり、日常生活活動の改善はQOL向上の大切な要素になります。理学療法では病気、障害があっても住み慣れた街で、自分らしく暮らしたいという思いを大切にしています。

常勤理学療法士の紹介

鈴木 勝 葛飾区柴又出身。
  • 千葉メディカルセンター(旧川鉄千葉病院) リハビリテーション科に科長職として長年勤務し、脳血管疾患からスポーツ傷害の理学療法まで幅広く経験。
  • ワシントン大学で開発され現在世界的に注目されている Movement system impairment (MSI)の考え方をいち早く導入し、臨床応用や全国各地にて講習 会講師や講演を通じて教育啓蒙活動を実践してきました。
  • 「運動機能障害症候群のマネジメント」(医歯薬出版)、「系統別治療手技の展開」(協同医書)など著書、翻訳書多数。
  • 慢性関節疾患やスポーツ外傷の理学療法に長年携わった経験を活かし、年代を問わず患者さまに理学療法を提供します。
  • 趣味:登山、ウォーキング
  • スポーツ歴:バスケットボール、バレーボール、マラソン、トライアスロン

山崎 裕三 北海道弟子屈(てしかが)町出身。
  • リウマチ疾患を中心とした運動器疾患リハビリの経験豊富。
  • 幅広く整形外科疾患の患者さまに対してきめ細かい運動指導や生活指導を実施していきます。
  • 趣味:キャンプ
  • スポーツ歴:陸上競技(短距離)、アメリカンフットボール



ページのトップへ